基本的なショートアニメの作成方法について

>

自宅にある子供のおもちゃでも作成可能です

基本の容量を守りましょう

今では簡単に自宅でショートアニメを作成する事が出来ます。
それはパソコンでも簡単に出来ますが、最近ではスマホを利用してショートアニメを作成し、それを色んな人に見て貰う為にSNSにアップしている人も多いです。
ですが、ショートアニメの容量が大きすぎてしまうと全てのストーリーが撮影出来ない場合もあります。

なので、簡潔に短く分かりやすい内容でショートアニメを作成する事が大切だと思います。
基本的なスマホの容量の中で撮影すり事を基本として考えて作成しましょう。
ショートアニメは通常約15分程度の内容で描かれている事が多いです。
もし作成する場合には上記の時間内に収まるようにストーリーを考える事も重要ではないかと思います。

ストーリーも分かりやすい内容にする事

ショートアニメは前の記事でも紹介したように、15分程度のアニメをさします。
なので、テレビで放送されているような30分のアニメはショートアニメとは呼ばれないそうです。
自宅で作成する場合も上記の15分を目安としてその範囲内で終わる事が出来るようなストーリーを考えて行くのが良いです。

その為には一話完結にするのかまたは何話か続く形を取るのかをきちんと決める事も大切です。
アニメのジャンルは幅がとても広く、声のないショートアニメもあるそうですが、なるべく子供達向けのショートアニメを作成するのであれば小さい子でも分かるストーリーに設定する事です。
子供は集中力が長く持たない傾向がある為、少しでも見て貰う為には容量はしっかりと考えて作成する事です。


この記事をシェアする