基本的なショートアニメの作成方法について

>

達成感を感じる事が出来ます

何度も練習をする事が重要

見ていて楽しい、また見たいなと思って貰えるショートアニメを作成する為には、もし絵を描いて作成するのであれば綺麗な絵を描く事が大切だと思います。
多少下手でも味のある良い絵であれば見ていて楽しめるのですが、あまりにも雑で何のキャラクターなのか分からない場合は楽しめないと思います。
なので、何回か練習を重ねてから作成するのをおススメします。

練習する中で、ストーリー展開のタイミングやキャラクターの登場回数も少し変えた方が良いと思う場合もあるからです。
何度も重ねていく内にスムーズにショートアニメを作成するコツも分かってくると言います。
きちんと視聴者の事を考えてショートアニメを作成する事が一番重要だと思います。

粘土アニメの場合について

粘土の場合もキャラクター本来の柔らかさや見てすぐに分からないといけない部分もあると思います。
ですが、最近の粘土は様々なカラーが揃っているのでキャラクター自体はとても作成しやすいと思います。
色を混ぜれば色んなカラーを作成する事は可能ですし、出来上がった時にとても綺麗に仕上がります。
粘土のショートアニメを作成する時にはいくつかの注意しないといけない点があります。

粘土は数日外に置くだけで硬くなってしまいます。
柔らかいのは当日か数日の内だけなのです。
なので、ショートアニメを作成すると決めたらすぐに撮影してしまうのが良いです。
一度で作成する為には粘土も何回も同じキャラクターを作成して綺麗に仕上げる練習をする事です。


この記事をシェアする