基本的なショートアニメの作成方法について

>

子供でも簡単にショートアニメが作成出来ます

他人の真似はしない事

ストーリーもキャラクターも全て他人と同じにならないようにするのがショートアニメの鉄則です。
作成するにあたってもいくつかあるショートアニメの動画を確認してから作成するのが安全だと思います。
他人と同じような要素が多少入っている程度であれば大丈夫なのですが、そっくりそのまま他人と同じとなると色々とトラブルに発展してしまう可能性もあるので注意しましょう。

ショートアニメは基本的に何でも良いのですが、出来れば前の記事でも紹介したように、家にある子供のおもちゃやパラパラ漫画を作成してオリジナルのキャラクターを登場させたりすると良いと思います。
世界でもショートアニメは特に日本の物が一番人気があるそうでそれを参考にして海外バージョンを作成する海外の人もいます。

オリジナルのストーリーにする

すでにアニメの放送をしたストーリーでは結末を知っている為何もワクワク感もありません。
ショートアニメの良い所は、短いですが伝えたい事が一気に見てて分かると言う事です。
それから、何を伝えたいのか明確に表す事が重要でもあります。

その為、ショートアニメを作成するにあたってオリジナル感のあるストーリー展開にするのが一気に視聴者の心を引きつける事に繋がると思います。
なので、きちんと企画をして大体の絵を描いてどんなストーリーで進めていくかをシミュレーションしてからショートアニメを作成するのも良いかもしれません。
失敗してしまうと出来上がるまでかなりの時間を要してしまうので注意して進めていくのが大切だと思います。


この記事をシェアする