基本的なショートアニメの作成方法について

自宅でショートアニメは作れる?作成方法はこれだ

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

子供でも簡単にショートアニメが作成出来ます

自宅でショートアニメを作成するのであれば一番分かりやすいのがパラパラ漫画を描いて実際に自分でページをめくって撮影する方法ではないかと思います。 いくつかのショートアニメにしたい絵を描いてそれがストーリー展開しているかのように見せる事も良いと思います。

自分で描いて撮影する方法

まるでプロが描いたようなショートアニメだって、今では簡単に素人でも作る事が可能なようです。
何故かと言うのも、今では何でもパソコンで仕事をする時代でもあります。
今、テレビで見ているアニメの多くはパソコンで作られた物が多いのです。
専門のアニメーターは今ではほとんどパソコンで仕事をしている感じです。

専用の高度なソフトを使用して要る為、綺麗な画像にしたり人間と同じような動きに近い感じを出す事が出来るのです。
ですが、自分の趣味として自宅で楽しめるショートアニメを作成する事は可能です。
今では一般の人向けに専用の手書きソフトの種類がいくつかあり自分の絵のレベルに応じて簡単に絵を描いて動かして遊べる事が出来るのです。

特に、絵を描く事が好きな子供達にとってもパソコンを通してですが、絵を描く楽しさとパソコンの操作方法やスキルを専用のソフトを使っていく内に自然と身に付ける事が出来てしまいます。
だんだんと慣れてくれば自分のレベルに合わせた専用のソフトを買い直せば良い事です。
自宅で簡単に基礎的なパソコンのスキルアップが出来ると言う事もあり、小学校の授業の中でもパソコンを学ぶ授業もある事からプログラミング感覚でショートアニメを作成させる親も増えて来ました。
遊び感覚やゲームをしているような感覚で物を作り上げると言う事を覚えさせたり想像力を豊かにする事は今では紙からではなくパソコンが当たり前になっているような気がします。

達成感を感じる事が出来ます

違う動きをしている同じキャラクターの粘土を何体も用意をして、それを一コマずつ撮影しながら最後に繋げるとまるで粘土が生きているかのような動きをするのが粘土のショートアニメです。 かなりの時間と労力を要する粘土アニメの世界ですが、作る楽しさが一番伝わるショートアニメではないかと思います。

自宅にある子供のおもちゃでも作成可能です

ショートアニメは何も漫画を描いたり物を作ったりしなくても作成が可能です。 一番早い方法と言うのは、自宅にある子供のおもちゃを利用したオリジナルのショートアニメを作成する事ではないかと思います。 これなら少しずつ変化をつけてあげて、後から声を入れたりすれば世界に一つしかないショートアニメになると思います。